​合格体験記(Class of 2022)

① 34歳・男性 ITコンサル(日本)/専門商社(米国)・私費・理工学部卒

Why MBA?
ファーストキャリアでIT系のコンサルティング企業を選択した時点で、更なる高みを目指すと同時に、IT畑からのキャリアチェンジをMBAを通してしようと考えていました。さらに、当該IT企業にて、MBAホルダーの先輩社員が如何にしてMBAで学んだことをレバレッジしながら顧客を導くかを目の当たりにし、自分もそのようなスキルやノウハウを体得したい、経営層の琴線に触れるコンサルティングがしたい、とMBA取得を再度希望するようになりました。

Why Babson?
ファーストキャリアであるIT系コンサルティング企業にて、数多くの企業がいわゆる“日本物流崩壊の危機“に対し既に苦しんでおり、一方でイチ企業では対応も出来ない絶望的な状況であることを肌身で感じていました。そんな中、Babsonのオープンキャンパスに参加し、これからのEntrepreneurの必要性、教授陣のパッションに強く共感し、日本の物流業界を変えるならばこの学校がベストだろうという考えに至りました。

 

受験状況
GPA:
学生時代はアルバイトばかりに精を出しており、正直なところ留年せず卒業さえ問題なくできれば良いと思っていた節がありました。私は運よく合格出来たので、BabsonはGPAをそこまで重視していないか、他の要素でカバー出来ていたのかのどちらかかと思います。


IELTS:
TOEFLはまず最初に1−2ヶ月ほど単語力強化、その後半年弱学校に通い(NYの語学学校です)、最初にテストを受験した際に82点、2回目で93点が出た時点で一旦GMATに勉強のフォーカスを移しました。その後GMATに苦しむことになるのですが、その間に気分転換でとりあえず受けるだけ受けようと思ったIELTSで7.0が出たので、こちらの点数でアプライすることとしました。

GMAT:
最初に受験してから結局1年程取り組みましたが、望むほどの点数は出ないまま回数制限の上限を迎えた形となりました。利用していた濱口塾は良かったと思うのですが、やはりVerbalが伸びきらなかった(結局Verbal27がアプライ点数)ことが原因かと思います。個人的には語彙力の部分で努力が足りなかったと感じます。

Essay & Interview:
江戸塾を利用しました。Edはレスポンスも良く、実際はレビューにもっと時間かかっているのでは?と思うほどリーズナブルな対応をしてもらえ、大変お世話になりました。ただ、基本は自分でストーリーを考え書いた内容に対してのアドバイスになるので、ご自身が如何に学校に響くようなバッググランドをEssayに捻り出すかというのはポイントかと思います。

 
新型コロナパンデミックの影響
私は現地での対面面接が行えましたが、私が面接したその日に今後はオンライン面接とする旨のメールが運営局から来たので、他のApplicantでオンライン面接となってしまった方がいらっしゃることと思います。

最後に
BabsonはEntrepreneurを輩出する学校としてプライドを持っているので、ご自身にそういった熱意や稀有なバックグラウンドがあれば、学校はGMAT等のスコア以上にその親和性を評価するように感じています。従って、例えスコアメイクに苦戦していても諦めず、Essayは「他の誰にも書けないはず!」という内容を準備して出願されることをお勧めします。苦しい日々が続いているかと思いますが、是非頑張って下さい!

 

© 2020 Babson Japanese MBA Unofficial site

​免責事項

本サイトはバブソン大学非公式サイトです。本サイトに掲載しているあらゆる情報は、参考情報として掲載するもので、内容について保証するものではありません。当サイトに掲載されている情報をもとに生じた、いかなる損失・損害に対して、作成者およびそれに関連する個人、団体は一切責任を持ちませんのでご了承願います。