​合格体験記(Class of 2024)

29歳・男性 製造業営業・私費・March (GPA1.4)

Why MBA?

"地球を散歩するように自由に人生を送りたい”という思いを実現する為に、MBAの取得が手段になり得ると感じたから。

そもそも、初めは30歳になるまでに世界一周旅行をしたいな、と思っていたのですが、一周しただけで終わってしまうのは自分が求めている人生でなく、自分が求めているのは世界中のコミュニティに求められる人、すなわち自分が訪れた土地やコミュニティの困りごとを解決できるビジネススキルを持っている人だと思い、MBAを志しました。

Why Babson?

Babsonが29 年連続で世界一の起業家育成学校であり、起業家になるにはBabsonが1番の環境だったからです。大学卒業後、キャリアを積むにつれて、”もっと自分が熱中できることはなんだろうか”と自問自答する時間が長くなってきました。最終的には”自分のアイディアや情熱に従って生きたい”、”自分の人生と仕事をピタッと重ね合わせて生きたい”、”自分の稼働した時間が与えるインパクトが最も大きくする職業につきたい”と思うようになっており、行き着いた答えが”起業家”でした。また、Babsonの近くにはHarvard, MIT, Boston University, Tuftsなどの超優秀校が集まっており、これほどTOP校が密集している都市は世界でBostonだけであり、その環境にメリットを感じた為、Babsonを選びました。結果、大満足しています。

 

受験状況

2018 年夏 大学(MARCH) GPA1.4 TOIEC230~250くらいから勉強スタート


2019年春 TOIEC 680 到達と同時にTOEFL初受験で16点


2020年春 TOEFL 72点(ここからCovid-19と転勤の影響で1年間空白の時間)


2021年春 TOEFL 75点(TOEFLを諦め、IELTSへ)と共に決意の退職


2021年夏 IELTS5.5


2021年10月末に ようやくIELTS6.5獲得し、GMATとEssayに移行


2021年12月末 Essayの形は出来上がったが、GMATプレテスト360点を叩き出す


2022年2月 GMAT 560点取得し、Covid禍の中、Babsonへ訪問。


2022年3月 GPA 1.4 / GMAT 560 / IELTS 6.5 でBabsonからの面接のオファーが届き、面接を受ける。ほとんど何言ってるかわかないけど、気持ちを全面に押し出して終える。


2022年04月 奇跡の合格通知
 

高校受験も大学受験もしたことのない英語大っ嫌いの純ドメ人間だったので、ありとあらゆる教材や、先生に頼りました。塾はAGOSを使い、約3年半お世話になりました。途中でIELTSに変更したので、その際はAGOSの外でIELTSの学習をしていましたが、それ以外はほとんどAGOSを頼りにしていました。ここへ訪れて下さったみなさんもきっと何かしらのフェーズで苦労されていると思いますが、本当に諦めなければ結果は出ます。私でよければ、教材や塾のことエッセイやもちろんBabsonのことについてお話しますのでお気軽にお問合せください!また下記のリンクで、私のMBA生活を月に一度振り返っておりますので、なにか感じていただけることがあれば幸いです。

 

起業家教育メディア”Boston SEEDs”「TOEIC250点!? 日本人MBA生のアメリカ留学奮闘記 留学1か月目」