国外転出届

転出予定日の14日前から各市役所にて申請が可能です(届出人:本人または世帯主)。必要書類等は、住民票を登録している市役所に確認してください。転出届を提出せずに、そのまま残しておくと、国民保険、国民年金に加入し続けることになりますので、保険と年金の支払いが発生します。

郵送物の管理/国内での手続き

必要に応じて、郵便物の宛先を変更しましょう(実家など管理してもらえる場所)。
渡米直後を中心に、在米中は日本と書類のやり取りをする機会が非常に多いですが、その際は「Global forever stamp」を使いましょう。USPSのホームページや最寄りのスーパー等で購入可能です。アメリカでは郵便料金が随時改定されますが、この切手であれば期間に関係なく利用可能です。また、アメリカ国内向けのForever Stampも販売されているので、こちらもぜひ活用してください。

銀行

渡航後の海外送金を想定し、手数料や手続き面などで比較し事前に国内銀行での手続きを完了させましょう。

渡航前にすべてオンライン決済で外国送金が完了できるようにしておくと非常に便利です。

ただし、多くの銀行で外国送金先登録は紙面提出の必要がある場合が多く、渡航後に開設した現地銀行への資金送金には

日本への書面提出が必要となり初回は時間が必要になりますのでご注意ください。

SMBC信託銀行プレスティアは現地ATMで現金を引き出すことも可能なので便利です。

渡航後の銀行口座開設手続きはこちら

クレジットカード

米国でのクレジットヒストリーのない場合、発行できるカードが限定されます。一般的には JAL USAカードがおススメです。日本からでも申請はできます。但し、審査が厳しいので、申請が通らない場合もあります。社費生はスポンサーレターが必要です。

また、米国のおけるクレジットカードの利用方法は、日本と仕組みが違いますので、確認しましょう。

国際運転免許証/運転経歴証明書

日本にて国際運転免許証を取得しておきましょう(有効期限は1年)。

(参考:警視庁(東京都)国外運転免許証取得手続(本人による申請)

また、自動車安全運転センターにて無事故・無違反証明書も取得しておくと、自動車購入、自動車保険加入等の申請において活用できます。

​(参考:自動車安全運転センター 各種証明書のご案内

保険(ホームオーナーズ保険、アンブレラ保険)

後日追記

 

引っ越し

 

後日追記

Global forever stamp

米国内向け Forever stamp

© 2020 Babson Japanese MBA Unofficial site

​免責事項

本サイトに掲載しているあらゆる情報は、参考情報として掲載するもので、内容について保証するものではありません。当サイトに掲載されている情報をもとに生じた、いかなる損失・損害に対して、作成者およびそれに関連する個人、団体は一切責任を持ちませんのでご了承願います。